帝国データバンク宇都宮支店が6日までにまとめた「働き方改革に対する県内企業の意識調査」によると、働き方改革に「取り組んでいる」と答えた県内企業は60・5%だった。「現在は取り組んでいないが、今後取り組む予定」と回答した企業(17・1%)と合わせると、全体の約8割が推進している。一方「取り組む予定はない」とした企業は6・2%で、人手不足が足かせとなって実施できない状況も垣間見えた。

 調査は2019年12月16日~20年1月6日、県内企業344社に実施し、129社(38・6%)から有効回答を得た。