福田富一知事は7日、2020年度県当初予算案を発表した。一般会計は前年度当初比320億8千万円(4・0%)増の8373億7千万円で、増加は2年連続となった。台風19号に伴う災害復旧費の増加などが要因。県税と地方消費税収入の合計は26億円増の2994億円と見込んだ。未来技術の活用や関係人口の創出、夏の東京五輪・パラリンピックに向けた取り組みなどに重点を置いた。