競り合うFW韓(右)とDF田代(中央手前)

 宮崎キャンプ第8日の栃木SCは5日、都城市の高城運動公園で2部練習を行い、コンディション不良で前日のJ1横浜FCとの練習試合を欠場した選手らが精力的に汗を流した。

WEB写真館に別カットの写真

 9時半開始の午前練習は主に2グループに分けて行われた。横浜FC戦の出場選手はランニングなどの有酸素系メニューや筋力トレーニングで疲労回復に注力。欠場した選手たちは体をいじめ抜いた。

 足を止めずワンタッチパスをつなぎ続けるメニューの後はシュート練習。ラダーを使って細かくステップを踏み、さらに短い往復ダッシュを行った流れの最後にシュートを繰り返すハードな内容だったが、エスクデロ競飛王(せるひお)らが「100パーセント出し切ろう」と大声で盛り上げた。