知事回答を受けて記者会見する自民の五十嵐政調会長(中央)ら=5日午前、県庁記者クラブ

 県議会の主要4会派は5日、2020年度県一般会計当初予算案への要望に対する福田富一(ふくだとみかず)知事の回答を受け、県庁でそれぞれ記者会見した。防災減災対策など33億5400万円の上乗せを求めた最大会派のとちぎ自民党議員会は、例年通り「満額回答」の結果となり、知事の判断を評価。一方、第2会派の民主市民クラブは福祉や教育など「人への投資」が不足しているなどとして不満を漏らした。