ヒノキをかんなで削る子ども

 【下野】市などは2日、生活に役立つ情報を市民に提供する「第10回市消費者まつり」を南河内公民館で開いた。

 下野署や石橋地区消防組合、市環境課など13団体がブースを出し、防犯啓発や各団体の取り組みPRなどを行った。また、催眠商法や詐欺への注意を促す劇なども上演された。

 恒例の木工教室には家族連れ約50人が参加した。参加者は木工職人2人から指導を受けながら、コースターとして使える木工細工「七宝」の組み立てや、県産ヒノキをかんなで削る体験などを楽しんだ。

 かんなに挑戦した祇園小3年小佐見綾(こさみあや)さん(9)は「力の入れ方が少し難しかったけど、うまくできた」と満足そうだった。