山梨県-BLUES予選リーグ 後半10分、BLUESの渡辺が相手のタックルを振り切りトライを決める=国学栃木高ラグビー場

宇都宮-日立予選リーグ 後半2分、宇都宮の上野がトライを狙う

山梨県-BLUES予選リーグ 後半10分、BLUESの渡辺が相手のタックルを振り切りトライを決める=国学栃木高ラグビー場 宇都宮-日立予選リーグ 後半2分、宇都宮の上野がトライを狙う

 第8回関東ラグビースクールU-12「栃木カップ」が1、2の両日、栃木市総合運動公園陸上競技場ほかで行われ、1都5県から県勢3チームを含む8チームが白熱のゲームを繰り広げた。このうち栃木市拠点のBLUES(ブルース)クラブが県勢最上位となる3位、宇都宮スクールが4位と上位に食い込んだ。

 大会は関東地区のラグビースクールの対抗戦。コンバージョンキックのない9人制で争われ、予選リーグとその成績を基にした決勝リーグを実施。大会規定に満たないチームは交流戦で勝利を目指した。

 BLUESは決勝トーナメントで江東(東京)と前橋(群馬)の両スクールに敗れたが、宇都宮との直接対決はFW勝負で優位に立ち前半5トライ、後半2トライと奮闘、35-15で勝利した。優勝は江東で4連覇を果たした。

 このほか5位決定リーグを戦った足利スクールは8位。佐野スクールは順位の付かない交流戦で2勝1敗だった。