リラックスした表情でウォーミングアップに取り組む栃木SCのDF田代(右)とFW有馬=宮崎県都城市内(チーム提供)

 J2栃木SCの宮崎キャンプ第6日は3日、宮崎県都城市の高城運動公園で行われ、4日正午からのJ1横浜FCとの練習試合に備えた。

 練習は午前9時半から約1時間と短めのメニュー。1日の徳島戦(0-2)でCKから失点したことを踏まえ、セットプレー時の守備対応などを入念に確認した。キャンプ日程の半分を消化したものの選手たちは疲れた様子を見せず、互いの動きに指示を飛ばすなど精力的にトレーニングに取り組んだ。

 横浜FCは昨季J2で2位となりJ1に復帰した。元日本代表の中村俊輔(なかむらしゅんすけ)が所属し、現役最年長の52歳のFW三浦知良(みうらかずよし)の出場にも注目が集まる。

 FW榊翔太(さかきしょうた)は「コンディションは上がっている。まずはチームがまとまって勝つことだが、得点にもこだわっていきたい」と力を込めた。