講演する桑津氏=3日午後、宇都宮市

 NTTドコモ主催の「地方創生セミナーin栃木~5G時代を見据えたSociety(ソサエティー)5・0の実践に向けて」が3日、宇都宮市内で開かれ、野村総合研究所の桑津浩太郎(くわづこうたろう)研究理事がテクノロジー活用の必要性について講演した。

 自治体や企業から約220人が参加し、来賓に福田富一(ふくだとみかず)知事らが訪れた。主催者あいさつで坪内恒治(つぼうちこうじ)NTTドコモ取締役常務執行役員は、自社のICT(情報通信技術)を用い本県でも社会課題の解決に取り組んでいることを紹介した。