足大付-作新男子決勝 第3セット、足大付の寺内がスパイクを決める=県北体育館

足大付-作新男子決勝 第1セット、足大付の柳沢(右)がブロックの間を抜いてスパイクを決める=県北体育館

国学栃木-宇中女女子決勝 第1セット、国学栃木の大根田(左)がスパイクを決める=県北体育館

男子優勝の足大付

女子優勝の国学栃木

足大付-作新男子決勝 第3セット、足大付の寺内がスパイクを決める=県北体育館 足大付-作新男子決勝 第1セット、足大付の柳沢(右)がブロックの間を抜いてスパイクを決める=県北体育館 国学栃木-宇中女女子決勝 第1セット、国学栃木の大根田(左)がスパイクを決める=県北体育館 男子優勝の足大付 女子優勝の国学栃木

 県高校新人バレーボール大会最終日は2日、県北体育館で男女の決勝などを行い、男子は足大付が2年連続38度目、女子は国学栃木が2年ぶり34度目の栄冠を手にした。

 男子の足大付は決勝で作新と対戦し、2-1で王座を守った。第1セットで粘る作新を25-22で振り切ったが、第2セットを落とした。最終セットはレフト寺内剛仁(てらうちたけひと)、センター柳沢賢(やなぎさわけん)らのスパイクや速攻など多彩な攻撃で得点を重ね、25-13で圧倒した。

 国学栃木-宇中女の女子決勝は、レフト大根田妃菜(おおねだひな)を軸とした攻撃がさえた国学栃木が2-0のストレートで勝利。登場した2回戦から1セットも落とさず頂点に駆け上がった。