宇都宮市の業者が製造する抗ウイルス消臭マスク。注文や問い合わせが殺到している=31日午後、同市内

宇都宮市の業者が製造する抗ウイルス消臭マスク。注文や問い合わせが殺到している=31日午後、同市内

宇都宮市の業者が製造する抗ウイルス消臭マスク。注文や問い合わせが殺到している=31日午後、同市内

宇都宮市の業者が製造する抗ウイルス消臭マスク。注文や問い合わせが殺到している=31日午後、同市内 宇都宮市の業者が製造する抗ウイルス消臭マスク。注文や問い合わせが殺到している=31日午後、同市内 宇都宮市の業者が製造する抗ウイルス消臭マスク。注文や問い合わせが殺到している=31日午後、同市内

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、予防のため県内でもマスクの需要が高まっている。ここ1週間でドラッグストアではマスクが急激に売れ、中には在庫切れの店もあるという。店からは「お客さまに申し訳ない」との声が聞かれた。一方、宇都宮市で抗ウイルス加工のマスク製造業者は販売が劇的に伸び、注文が殺到している。

 宇都宮市内のあるドラッグストアでは、1週間ほど前から使い捨てマスクが売れ始めた。店の担当者は「報道を受けて爆発的に売れ始め、売り場はほぼ空っぽの状態」と話す。数十枚入りの大容量の商品が真っ先に売れたという。

 在庫の問い合わせが相次ぐ中、入荷時期は未定だ。担当者は「お客さまには申し訳ない」と口にした。

 県内に19店舗を展開するホームセンター「カンセキ」(宇都宮市西川田本町3丁目)の担当者は、「どの店舗でも急激に売れている」。ここ1週間で見ると、前年の同時期に比べ約4倍の売れ行きという。子育て中の母親や40~50代の購入客が目立つ。

 マスクの製造元も、多忙を極める。31日午後、繊維製品製造業マルゼン(同市問屋町)の市内にある工場では、従業員が5色のマスクのパッキング作業に追われた。29日ごろからインターネットで販売中の抗ウイルス消臭マスクが急激に売れ始めた。