栃木労働局は31日、今春卒業する県内高校生の昨年12月末時点の就職内定状況を発表した。内定率は92・8%で前年同期を0・1ポイント上回った。人手不足による売り手市場が続いており、12月末時点の内定率は5年連続で9割を超えた。求人倍率は2・24倍で、比較可能な1998年以降で最高となっている。

 高校生の新卒採用活動は昨年9月16日に始まった。同12月末の求人数は前年同期比1・9%増の8536人で、2008年のリーマン・ショック以降で最も多かった。浅野浩美(あさのひろみ)局長は「大卒者の採用が難しくなっており、高校生のニーズが高まっている」と分析した。