東京五輪・パラリンピック参加国の大会事前合宿について、県は31日、県と栃木、小山、矢板、さくらの4市がハンガリーの9競技をそれぞれ受け入れる覚書を、同国の各競技団体と締結すると発表した。同国関係者が来県し、各首長が一堂に会し、2月9日に宇都宮市内で調印する。既に県と締結済みの陸上競技と合わせ、覚書締結は10競技となる。

 各自治体の受け入れ競技は、栃木市が近代五種、小山市が水球、新体操、体操、矢板市がマウンテンバイク、ゴルフ、さくら市がトライアスロン、県が空手、テコンドー。うち近代五種、水球、体操は五輪出場が内定しているという。

各自治体が受け入れるハンガリーの競技 
栃木市   近代五種
小山市   水球
      新体操
      体操
矢板市   マウンテンバイク
      ゴルフ
さくら市  トライアスロン
県     陸上
      空手
      テコンドー
※県と陸上は覚書締結済み