県幹部が各部局の対応状況を確認した対策本部の第1回会議=31日午前、県庁

 中国・武漢で発生した新型コロナウイルスによる肺炎患者の増加を受け、県は31日、県新型コロナウイルス感染症対策本部(本部長・福田富一(ふくだとみかず)知事)の第1回会議を県庁で開いた。ウイルスの検査体制の整備や、県民・関係機関への情報提供の拡充など各部局の対応状況を確認した。現時点では県内の感染者は報告されていないという。

 会議は冒頭を除き、非公開で行われた。これまでウイルスに感染しているかどうかの検査は東京都内の国立感染症研究所に依頼していたが、同日から宇都宮市下岡本町の県保健環境センターでの検査が可能となったことが説明された。