【宇都宮】市は31日、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大や世界保健機関(WHO)が緊急事態宣言をしたことを受け、市健康危機管理対策本部・連絡会議(座長・緒方秀徳(おがたひでのり)保健福祉部長)を開いた。

 国内外の発生状況や各部の対応、各省庁の通知などについて情報共有を行った。市は佐藤栄一(さとうえいいち)市長を本部長とする危機対策本部設置に向け準備を進めている。

 また市ホームページに同ウイルスに関する情報を掲載、感染予防や相談窓口などの情報を提供している。