中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎患者が日本国内でも増えつつあることを受け、県は31日、県新型コロナウイルス感染症対策本部の第1回会議を県庁で開いた。県民・関係機関への情報提供や検査体制の整備など各部局の対応状況を確認した。