ダッシュ系のメニューに汗を流す栃木SCの選手たち=宮崎県都城市高城運動公園(チーム提供)

 J2栃木SCの春季キャンプ第2日は30日、宮崎県都城市の高城運動公園で行われ、選手たちは体力トレーニングを中心に汗を流した。

 練習は午前9時半にスタート。気温10度台中盤と暖かい気候の中、体幹強化と正しい走行フォームを身に付けることを目的としたサーキットトレーニングを実施。その後は200~400メートルの短~中距離走を繰り返してスプリント力の強化を図った。

 常に声を掛け合いながらハードなメニューをこなした選手たち。新加入のMF佐藤祥(さとうしょう)は「みんなで盛り上げながら前向きに取り組めている。強度の高いプレーを続けられる体をつくっていきたい」と語った。