工夫を凝らした作品が並ぶ会場

 【下野】第8回しもつけ新聞スクラップ作品コンクール(下野新聞社、下野新聞下野会主催)の県南展が30日、薬師寺の道の駅しもつけで始まった。2月3日まで。

 興味のある記事を切り抜いて模造紙に張り、理解したことなどを書き込んだ作品。今回は県内の小中学生605人から計479点の応募があった。

 県南展では入賞・入選作品計19点が展示されている。プラスチックごみ削減への取り組みをまとめた作品や、栃木県の魅力をスポーツや人、自然などに分類してまとめものなど工夫を凝らした作品が並ぶ。

 足利市朝倉町、パート従業員妹尾宏美(せおひろみ)さん(57)は「ぱっと見て分かりやすいし、熱心に調べたことが伝わる。レイアウトもきれい」と感心していた。

 午前9時~午後5時(最終日は3時)。