宮崎空港で宮崎県関係者らから歓迎を受けた栃木SCの選手ら=宮崎空港(チーム提供)

宮崎空港で宮崎県関係者らから歓迎を受けた栃木SCの選手ら=宮崎空港(チーム提供)

宮崎空港で宮崎県関係者から歓迎を受ける栃木SCの菅と矢野(左から)=宮崎空港(チーム提供)

宮崎空港で宮崎県関係者らから歓迎を受けた栃木SCの選手ら=宮崎空港(チーム提供) 宮崎空港で宮崎県関係者らから歓迎を受けた栃木SCの選手ら=宮崎空港(チーム提供) 宮崎空港で宮崎県関係者から歓迎を受ける栃木SCの菅と矢野(左から)=宮崎空港(チーム提供)

 J2栃木SCは29日、宮崎県都城市の高城運動公園でキャンプをスタートした。2月9日までの計12日間、トレーニングや練習試合などを通して今季開幕へ向けた戦術浸透などを図る。

 選手たちは正午ごろ宮崎空港に到着。宮崎県、都城市の関係者から田坂和昭(たさかかずあき)監督、DF菅和範(かんかずのり)に花束、宮崎牛7キロがチームへ贈られた。田坂監督は「また都城の環境で練習できることをうれしく思う」と感謝した。