報道陣の取材に応じる田中専務(左)と片岡社長=29日午後、宇都宮市簗瀬町

 那須塩原、那須、日光の温泉地のホテル・旅館で同じ名義人の宿泊予約の無断キャンセルが相次いだ問題で、被害に遭った8施設が約250万円の支払いを求めていくことで合意したことが29日、分かった。宇都宮市内で同日開かれた栃木県旅館ホテル生活衛生同業組合青年部理事会前に、被害施設の関係者が報道陣の取材に応じ、明らかにした。

 被害を受けた那須塩原市塩原の「湯守田中屋」の田中佑治(たなかゆうじ)専務と那須町の旅館の片岡孝夫(かたおかたかお)社長によると、28日、8施設が弁護士を交えて今後の対応を協議し、被害金の賠償請求を行うことで一致した。

 請求額は消費税分を除いた約250万円。予約した相手方との交渉次第では民事訴訟も視野に入れるという。片岡社長は「私たちはキャンセル料を満額頂きたい。正当な権利だと思っている」と話した。

 一方、同理事会では、今回の無断キャンセル問題などについて情報共有した。宿泊約款を見直すことや通話を録音するシステムを導入するなどの対応を各施設に促していくことを話し合ったという。