県産木材が使われている棟を内覧する本県関係者ら=29日午後4時10分、東京都中央区晴海4丁目

 東京五輪・パラリンピックで選手らの交流スペースになる「選手村ビレッジプラザ」(東京・晴海)が29日、報道陣に公開された。県と鹿沼、日光両市を含む全国63自治体から寄せられた木材を使用しており、提供した自治体の首長らを招いて式典も行われた。

Web写真館に別カットの写真

 ビレッジプラザは選手団の入村式が行われる施設で、カフェや雑貨店、花屋などが入り、選手や関係者、選手の家族らが利用する。

 平屋で5棟に分かれ、延べ床面積は約5300平方メートル。63自治体が提供した木材約1300立方メートルが床や柱などに使われ、建物内は木の香りに包まれている。19年3月に着工し、今年4月末の完成を予定する。

 県と鹿沼、日光両市は合わせて30立方メートルの杉材を提供した。メディアセンターなどが予定されるA棟の一部「A4棟」の柱や梁(はり)、壁、床などに使われている。各部材には1本ずつ自治体名が漢字と英語で印字され、産地が分かるようになっている。

 式典に出席した鈴木峰雄(すずきみねお)県環境森林部長は「県産材が使われていることを確認でき感無量。世界に県産材をPRするいい機会になると思う」と話した。

 施設は大会後に解体して各自治体に木材を返し、レガシー(遺産)として公共施設などに活用してもらう計画だ。