国母和宏被告

 米国から大麻を密輸したとして大麻取締法違反などの罪に問われた元五輪代表のプロスノーボーダー国母和宏被告(31)に東京地裁は28日、懲役3年、執行猶予4年(求刑懲役3年)の判決を言い渡した。

 判決理由で村田千香子裁判官は「10年以上にわたり常用し、大麻との関わりの深さは顕著で、再犯に及ぶ恐れも否定できない」と指摘。その上で、国母被告が今後は違法なことはしないと述べたことなどから刑の執行を猶予した。

 村田裁判官は判決言い渡し後、「スノーボードで素晴らしい功績がありながら犯行に及んだのは残念だ。今後は自ら律してほしい」と説諭した。