臼井麗香

 3月5日に開幕するLPGA(日本女子プロゴルフ協会)ツアーに向けて鹿沼市出身の臼井麗香(うすいれいか)(21)が始動した。初めて本格参戦した昨年は最後まで賞金ランキング50位以内に与えられるシード権争いに加わったが、59位とあと一歩のところで逃した。リランキング上位の資格でほとんどの試合に出場できる今季は「賞金5千万円」と「上位でのシード入り」を目指す。

 昨年はツアー36試合中27試合に挑戦し、18試合で予選を突破した。4戦目となる3月のアクサレディスでは6位タイの好スタート。7月のセンチュリー21でも最高の4位タイに食い込んだ。しかし、獲得賞金は約1978万円で賞金ランキング50位の浜田茉優(はまだまゆ)に約423万円届かなかった。「一つのパットが入っていればという差。悔しい」と振り返った。

 平均ストロークは72・027(35位)、ドライビングディスタンスは240・29ヤード(31位)、平均パット数は29・632(16位)と及第点だが、自ら認識する一番の課題は「スタミナ不足」。9月のゴルフ5では4アンダーで単独2位スタートするも2日目25位タイ、最終日は36位と崩れた。初日10位以内でスタートした試合が5試合ありながら、最終日まで上位に残ったのは1試合だけだった。「4カ月も家に帰れずの転戦はつらかった。5キロ痩せた」と過酷さを打ち明ける。