日弁連は27日、黒羽刑務所(大田原市寒井)に対し、単独室に収容されていた元受刑者が余暇の時間にヨガをすることを一律で禁じたのは人権侵害に当たるとして、禁止しないよう勧告したと発表した。24日付。

 日弁連によると、ヒンズー教を信仰していた元受刑者は2012年11月、夕食後の余暇時間などに3点倒立やブリッジなどヨガのポーズを宗教行為として許可するよう申請。刑務所側は、夜間に騒音が出る恐れや、自殺や逃走を防止するための監視活動に支障があるとして瞑想(めいそう)以外は認めなかった。一方、運動の時間にはけがの恐れがある3点倒立以外は認めた。

 日弁連は、勧告書で「ヨガは静かな動作で騒音は発生しないし、単独室で他者に迷惑を掛けるとも考えにくい。ヨガを行う報告を受ければ、それに応じた監視を行うことは可能」と指摘。同刑務所は下野新聞社の取材に「勧告の内容を精査し適切に対処したい」とした。