高校スポーツ賞の賞状を受け取る今市男子ホッケー部の木村監督(中央)=宇都宮市内

スポーツ賞を受賞した今市男子ホッケー部=宇都宮市内

スポーツ賞を受賞した今市男子ホッケー部=宇都宮市内

スポーツ賞を受賞した今市男子ホッケー部=宇都宮市内

高校スポーツ賞の賞状を受け取る今市男子ホッケー部の木村監督(中央)=宇都宮市内 スポーツ賞を受賞した今市男子ホッケー部=宇都宮市内 スポーツ賞を受賞した今市男子ホッケー部=宇都宮市内 スポーツ賞を受賞した今市男子ホッケー部=宇都宮市内

 県高体連は27日、本年度の全国高校総体(インターハイ)などで優秀な成績を収めた選手らを表彰する「県高校スポーツ賞」の受賞者を発表。同日、宇都宮市内のホテルで表彰式を行った。昨秋の国体ホッケー少年男子で優勝した今市男子ホッケー部が2年連続で高校スポーツ賞を受賞するなど、3団体、6人が表彰された。

 同賞は本県のスポーツ振興に貢献した選手、指導者をたたえるため、同連盟と県運動記者クラブが1959年に創設。61回目の今回は今月9日の選考会を経て受賞者を決定した。

 表彰式では昨年10月に開催された「いきいき茨城ゆめ国体」で4年ぶり3度目の優勝を飾った今市男子ホッケー部に賞状と記念品が贈られた。同賞に準ずる高校スポーツ奨励賞はインターハイで県勢初の準優勝に輝いた宇南男子フェンシング部と全国高校定時制通信制総体で準優勝した科技宇都宮女子バレーボール部が受賞。高校スポーツ優秀選手賞はインターハイのボクシングフライ級を制した平塚駿之介(ひらつかしゅんのすけ)(作新)に贈られた。

 高校スポーツ優秀監督賞は今市男子ホッケー部の木村浩一郎(きむらこういちろう)監督と作新ボクシング部の橋本克子(はしもとかつこ)監督が受賞。本県高校スポーツ界に多大な貢献をした指導者を表彰する高校スポーツ特別功労賞は陸上の相吉沢一裕(あいよしざわかずひろ)(宇商)、バドミントンの小川民生(おがわたみお)(文星女)、大島正志(おおしままさし)(真女)の3氏に贈られた。

 県高体連の塩沢好和(しおざわよしかず)会長は「栄光に向かって厳しい練習に励んだ皆さんが、新たな目標に向かって成長することを期待している」とあいさつ。受賞者を代表して今市男子ホッケー部の川村裕亮(かわむらゆうすけ)主将が「伝統と名誉ある賞を受賞できてうれしい。さらなる高みを目指して精進する」と謝辞を述べた。

 また、今回の表彰式では昨年10月に大阪府で開催された相撲の世界ジュニア選手権の男子個人中量級で初優勝を果たした黒羽相撲部の三田大生(みたたいき)に県高体連特別賞が贈られた。

■第61回県高校スポーツ賞受賞者

 【スポーツ賞】▽今市男子ホッケー部 今井翔太、三松勢矢、安達恒智、小林正人、福田凌大、安西玲音、江口将希、大岡凌磨、川村裕亮、和田公志、斎藤司、篠崎太智、早川雄晴

 【スポーツ奨励賞】▽宇南男子フェンシング部 京極光志、仙波響、前田一心、青木元汰、山家大輝▽科技宇都宮女子バレーボール部 赤間汐帆、半田ひかり、小林雪乃、山田友香莉、安村海音、正岡叶生、清水遥凪、大柿玲利、黒崎百花、檜山緋菜、小竹愛蘭、菅野華鈴、北原ひかり、関咲季

 【優秀選手賞】▽平塚駿之介(作新、ボクシング)

 【優秀監督賞】▽木村浩一郎(今市、男子ホッケー)▽橋本克子(作新、ボクシング)

 【特別功労賞】▽相吉沢一裕(宇商、陸上)▽小川民生(文星女、バドミントン)▽大島正志(真女、バドミントン)

■県高体連特別賞

 ▽三田大生(黒羽、相撲)