積雪の予報を受けスコップや融雪剤が売れ出したホームセンター=27日午後、宇都宮市中里町

 県内は28日にかけて広い範囲で積雪の予報となり、27日、大雪への備えが進んだ。ホームセンターは灯油や除雪用品を買い求める客が増え、小中学校などは28日の休校や始業時間を遅らせる措置を決めた。宇都宮地方気象台は「警報級の大雪となる可能性もある」として警戒を呼び掛けた。

 同気象台によると、県内は低気圧と寒気の影響で27日夜遅くから28日にかけて広い範囲で雪か雨となり、北部山地を中心に大雪となる見込み。

 28日午後6時までの24時間降雪量は、いずれも多い所で山地は北部30センチ、南部20センチ、平地は北部10センチ、南部5センチの予報。平地や南部山地は28日昼前から次第に雨に変わる一方、北部山地は降雪が続き、夕方以降に警報級の大雪となる恐れがあるという。

 同気象台は27日、県内全域に大雪注意報を出し、交通障害や路面の凍結などへの注意を呼び掛けた。