衆院予算委で質問に答える安倍首相=27日

 安倍晋三首相は27日の衆院予算委員会で、自民党の河井案里参院議員側に昨年の参院選前、党本部が計1億5千万円を入金したことに関し「政党本部から政党支部への政治資金の移転は何の問題もないと認識している。政治資金の運用は党本部に任せており、個別の件は承知していない」と述べた。二階俊博幹事長は記者会見で、党本部が支出した事実を認めた。

 二階氏は「最終責任は当然幹事長にある」と強調。金額が多い点は「問題ない」とした上で、「時期や選挙情勢、当落の必要性を勘案して決める」と説明した。