気象庁は27日、発達する低気圧の影響で、西日本や東日本の太平洋側で28日にかけ、海上を中心に強風が吹き大しけとなる所があるとして暴風や高波に警戒を呼び掛けた。沖縄地方と西日本では落雷や竜巻など激しい突風にも注意が必要。関東甲信では山沿いを中心に大雪による交通障害が発生する恐れがある。

 気象庁によると、東シナ海に前線を伴った低気圧があり発達しながら北東へ進んでいる。28日朝には紀伊半島沖に別の低気圧も発生する。低気圧や前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み、沖縄地方では27日夕にかけて、西日本では28日にかけて大気の状態が非常に不安定となる見込み。