「第61回県郡市町対抗駅伝競走大会 夢ふる とちぎ路駅伝」(栃木陸上競技協会、下野新聞社など主催)は26日、県庁と栃木市総合運動公園陸上競技場を往復する10区間60・42キロで行われ、大田原Aが3時間6分16秒で初の総合優勝を飾った。51秒差の2位に佐野A、3位に那須塩原Aが入った。往路は鹿沼Aが37年ぶり4度目の優勝、復路は芳賀Aが11年ぶり4度目の優勝を飾った。

 大田原Aは1区の松山和希(まつやまかずき)(福島・学法石川高)、5区の工藤巧夢(くどうたくむ)(那須拓陽高)の区間賞の走りなどで、往路はトップと11秒差の2位でフィニッシュ。復路に入って7区で総合トップに立つと、アンカーの熊田翔太(くまだしょうた)(流通経大)が復路4位、総合優勝のゴールテープを切った。(記録は速報値)


【電子号外】大田原A総合初V 県郡市町対抗駅伝(1月26日)