第2クオーター、大阪の激しい守備の前にシュート体勢を崩すブレックスのロシター(中央)=ブレックスアリーナ宇都宮

第2クオーター、ブレックスの渡辺(右)がドライブを仕掛ける=ブレックスアリーナ宇都宮

第2クオーター、ブレックスのロシター(左)が速攻から得点を奪う=ブレックスアリーナ宇都宮

第1クオーター、ブレックスのテーブスが速攻からゴールを奪う=ブレックスアリーナ宇都宮

第2クオーター、大阪の激しい守備の前にシュート体勢を崩すブレックスのロシター(中央)=ブレックスアリーナ宇都宮 第2クオーター、ブレックスの渡辺(右)がドライブを仕掛ける=ブレックスアリーナ宇都宮 第2クオーター、ブレックスのロシター(左)が速攻から得点を奪う=ブレックスアリーナ宇都宮 第1クオーター、ブレックスのテーブスが速攻からゴールを奪う=ブレックスアリーナ宇都宮

 バスケットボールB1第19節は25日、各地で9試合を行い、東地区首位の宇都宮ブレックスはブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で西地区首位の大阪と対戦、69-72で競り負けた。今季初の3連敗で通算成績は23勝8敗。昨年11月2日から守ってきた東地区首位の座をA東京に譲り、2位に後退した。

 ブレックスは遠藤祐亮(えんどうゆうすけ)がけがからの復帰後初先発。第1クオーター(Q)はその遠藤を中心に激しいディフェンスで主導権を握り、22-13。第2Qもテーブス海(かい)の3点シュートやライアン・ロシターの速攻などで得点を奪い、8点リードで前半を折り返した。

 しかし、後半は大阪の勢いに押され第3Qを終えてリードはわずか1点。第4Qはテーブスやロシターが得点を重ねたがリズムに乗れず、残り5分を切って逆転を許した。最終盤は比江島慎(ひえじままこと)のゴールで追い上げたが、及ばなかった。

 次戦は26日午後3時5分から、同会場で大阪と対戦する。