中国からの訪日客に対応する観光案内所のスタッフら=24日午後、日光市鬼怒川温泉大原

 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎が拡大する中、中国で始まった春節(旧正月)の大型連休。初日の24日、日光市の鬼怒川温泉街には早くも大勢の中国人観光客が訪れた。マスク姿の観光客が目立つほか、駅近くの薬局ではマスクが飛ぶように売れるなど警戒ムードも漂う。

 「ホテルまでの行き方を教えて」。中国の伝統的な飾りで彩られた東武鬼怒川温泉駅構内に、中国語や英語が飛び交う。日光市観光協会による特設の案内所はこの日、104人に対応し、多くは中国人観光客だった。