全国高校総体(インターハイ)第69回スケート・アイスホッケー競技選手権大会第2日は23日、北海道帯広市の帯広の森第2アイスアリーナほかで行われ、アイスホッケー1回戦で日光明峰が北海道栄(北海道)に5-2で快勝した。

 日光明峰は第1ピリオド開始17秒、FW松永樹(まつながたつき)のアシストを受けたDF駒田時亜(こまだときあ)が先制ゴール。12分39秒にはFW石渡逸成(いしわたりいっせい)が追加点を挙げた。

 第2ピリオドは再三のパワープレーの好機を生かせずに1点差に詰め寄られたが、第3ピリオド3分58秒にFW高木智太(たかぎもとひろ)、2分後にFW高山蓮(たかやまれん)、さらに12分32秒には再び駒田が決めて突き放し、勝負を決めた。

 スピードスケートは男子500メートルの萩原由侑(はぎわらゆう)(宇工)が38位、同5000メートルの篠原光佑(しのはらこうすけ)(日光明峰)が33位、女子500メートルの土門美羽(どもんみう)(同)が54位だった。

 アイスホッケーの日光明峰は24日午前9時から、同会場で水戸啓明(茨城)と2回戦で対戦する。