第92回選抜高校野球大会(3月19日から13日間・甲子園)の出場校を決める選考委員会が24日、大阪市内で開かれ、令和最初のセンバツ甲子園に出場する32校が決まる。21世紀枠の候補9校に宇都宮高が入っており、選出されるかが注目される。同校が選ばれれば春は初、春夏を通じてでは旧制宇都宮中時代の1924年夏以来、96年ぶりの甲子園出場となる。

 21世紀枠の出場校は3校で、一般選考の29校(神宮大会枠1校含む)とともに選考委員会で決まる。東日本(北海道、東北、関東・東京、北信越、東海)と西日本(近畿、中国、四国、九州)に分けて1校ずつを選び、残りの7校から3校目を選出する。出場校は同日午後3時ごろから順次発表される見通し。