弓道女子団体で優勝した大田原女Bの杉浦、加藤、鈴木(左から)=県武道館弓道場

 県高校新人スポーツは19日、県武道館弓道場で弓道を行い、女子団体は大田原女Bが同校として10年ぶりの優勝。同個人は市川美空(いちかわみく)(茂木)が栄冠を手にした。

 杉浦天(すぎうらあまね)、加藤愛夏(かとうあいか)、鈴木日菜(すずきひな)の3人で臨んだ大田原女Bは、17中で並んだ足大付Aとの競射に3-2で競り勝った。

 市川は8射皆中で迎えた釆沢朱莉(うねざわあかり)(国学栃木)との競射を制した。