センター試験を終え会場を後にする受験生たち=19日午後2時50分、宇都宮大峰キャンパス

センター試験を終え会場を後にする受験生たち=19日午後2時50分、宇都宮大峰キャンパス

センター試験を終え会場を後にする受験生たち=19日午後2時50分、宇都宮大峰キャンパス センター試験を終え会場を後にする受験生たち=19日午後2時50分、宇都宮大峰キャンパス

 大学入試センター試験2日目の19日、県内は8大学9会場で理科と数学の試験を行い、全日程を終えた。県内で目立ったトラブルは確認されなかった。1990年から続くセンター試験は今年で最後となり、来年からは思考力などをより重視する大学入学共通テストに移行する。

 県内の受験者数は理科(1)2721人、理科(2)3937人、数学(1)6473人、数学(2)5718人。県内の会場で最も受験者数が多かった宇都宮大では穏やかな天気の下、試験後の受験生たちが安堵(あんど)の表情で家路に就いた。

 今後は22日に平均点などの中間発表が予定され、27日~2月5日が国公立大2次試験出願期間となる。