復興支援コンサートで歌声を響かせる半崎さん=19日午後1時半、栃木市万町

 昨年の台風19号被害からの復興支援を目的に、シンガー・ソングライター半崎美子(はんざきよしこ)さん(39)のミニコンサートが19日、栃木市役所4階市民スペースで開かれた。被災した市民をはじめ250人が来場し、目を潤ませながら、半崎さんの温かい歌声に耳を傾けた。

Web写真館に別カットの写真  

 その活動スタイルから「ショッピングモールの歌姫」とも呼ばれる半崎さんは、2017年から大平地域の活性化を目指すイベント「オータムフェスタおおひら」でコンサートを開くなど市と縁がある。被害発生後、同イベントの実行委に「何かできることはないだろうか」と声を掛け、今回のコンサートが実現した。

 半崎さんは、未来への希望を歌った「明日を拓(ひら)こう」など5曲を披露。涙ながらに「支えてくれた人たちに、(感謝の気持ちを)還元していきたい」と話した。自宅が床上浸水の被害を受けたという薗部町1丁目、中田初恵(なかだはつえ)さん(90)は「感動したし、勇気が湧いた」と笑顔を見せた。