アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは19日、青森県八戸市のテクノルアイスパーク八戸で東北と対戦し、2-5で敗れた。通算成績は12勝18敗、勝ち点36で順位は6位のまま。

 バックスは第1ピリオド4分にFW鈴木健斗が先制点を決めたが、そこから4失点。第2ピリオド8分に5点目を失った。同18分にパワープレーからFW鈴木雄大がゴールを決めたが反撃はそこまでだった。

 次戦は25日午後5時10分から、ロシアのユジノサハリンスクでサハリンと対戦する。