まちなか支局で「流星」をPRするサトウさん。リリースに合わせ、「イベントではピアノで弾き語りもできたら」と話す

 壬生町在住のシンガー・ソングライター、サトウヒロコさん(38)が29日、シングル「流星」をリリースする。発売を前に、まちなか支局へ遊びにきてくれた。

 「流星」は、とちぎテレビの開局20周年を記念した番組「日立をつくった男~小平波平(おだいらなみへい)」(昨年末に放送)のタイアップ曲。「4年前のアルバムに入っていた楽曲で、自分でも好きでよく歌っていました。今回、タイアップ曲に採用され、良さが認められてうれしい」とサトウさん。

 リリースに向けて新たにレコーディングし直し、ギターなどをベースとしたオリジナル曲から、ピアノがメインの楽曲に生まれ変わった。シングルでは、サトウさん自らがピアノを弾き、幻想的な歌詞を力強く歌い上げている。渡瀬遊水地で撮影したジャケット写真にも注目だ。