19日に広島市平和記念公園前を発着点として行われる天皇杯第25回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会(7区間、48キロ)の監督会議が18日、同市内で行われ、各都道府県の区間オーダーが発表された。レースのスタートは午後0時半。

 前回25位の本県チームは1区に昨年12月の全国高校駅伝男子4区で11人抜きの快走を見せた海老沢憲伸(えびさわけんしん)(那須拓陽高2年)、2区に昨年12月の全国中学駅伝男子1区で区間4位と好走し、市貝中の初優勝に貢献した薄根大河(うすねたいが)を配置。4区は深井琉聖(ふかいりゅうせい)(那須拓陽高3年)、5区に関口大祐(せきぐちだいすけ)(白鴎足利高2年)、アンカーはふるさと選手の高久龍(たかくりゅう)(那須塩原市出身、ヤクルト)が走る。

 本県代表のオーダーは次の通り。

 1区(7キロ)海老沢憲伸(那須拓陽高2年)▽2区(3キロ)薄根大河(市貝中3年)▽3区(8・5キロ)樋口翔太(日大1年)▽4区(5キロ)深井琉聖(那須拓陽高3年)▽5区(8・5キロ)関口大祐(白鴎足利高2年)▽6区(3キロ)山口彰太(足利二中3年)▽7区(13キロ)高久龍(ヤクルト)