県産とちおとめを試食する子どもたち=18日午前、宇都宮市宮園町

県産とちおとめを試食する子どもたち=18日午前、宇都宮市宮園町

県産とちおとめを試食する子どもたち=18日午前、宇都宮市宮園町 県産とちおとめを試食する子どもたち=18日午前、宇都宮市宮園町

 イチゴの旬を迎え、JA全農とちぎは18日、宇都宮市宮園町の東武宇都宮百貨店6階屋上で、県産とちおとめの試食・販売会を開いた。消費拡大が狙いで3年目。

 県産農産物をPRする「とちぎフレッシュメイト」や栃木のとちおとめ大使を務めるキャラクター「コリラックマ」が花を添えた。今季の2020年産は、前季より収量が少なめというが、今後増えていくとみられる。味は例年通り良いという。