独自の視点で選ばれた約1000冊が並ぶスローテンポ書店

 【小山】JR小山駅西口のビル「ロブレ」地階に2019年12月、「スローテンポ書店」が開店した。独自の視点で選んだ本の販売にとどまらず、身の回りの課題解決を話し合う懇話会や、相手に考えを正確に伝える文章教室を開催。誰もが何でも話し合える場所づくりを目指している。

 「スローテンポ」とは、人と社会が本来のテンポを取り戻し、競争社会の価値基準を見直していこうという考え方。書店は、スローテンポ協会(名取春彦(なとりはるひこ)代表理事)が運営する。同協会は約3年前、下野市内で発足。同市内で2年半ほど書店を営んだ後、同所に移転し、書店を再オープンした。