【よるのみや】県産食材のおいしさ実感 とちぎ家

【よるのみや】県産食材のおいしさ実感 とちぎ家

 とちぎ和牛や那須鶏、白美人ネギといった県産食材のおいしさを発信し続ける店。「県産食材や旬の食材を意識しながら取り入れています」と話すのは、生まれも育ちも宇都宮の掛川幸司(かけがわこうじ)店長(41)だ。

 初めに一番人気という「とろ手羽」(税別1本120円)を注文。おおっ、一口ほおばるやいなや、ほろほろととろけるような食感。聞けば1回煮込んでから揚げているという。これはくせになりそうな味だ。

 続いてちょっと奮発し、「栃木和牛 牛寿司(すし)」(同2貫950円)を。ニンニクとしょうゆを少量付けて口に運び、ゆっくりとかみしめる。う~ん、心身ともにリッチになった気分。「しょうゆは生の牛肉に合うものを」(掛川店長)と試行錯誤した中から選んだ、九州産の甘口を使用している。

 肉料理が続いた後に「鹿沼刺身コンニャク」(同380円)を食べれば、口内に清涼感が広がる。グループならば牛肉や豚肉のしゃぶしゃぶ、せいろ蒸しなどもお薦めだ。

 「接待向きの個室や、宴会向きの大部屋もあるのでぜひ」と掛川店長。ドリンク類も県内蔵元の地酒や焼酎、ココファーム(足利市)のワインなど、各種取りそろえている。本県食材の底力を再認識した。