成年女子Aで初優勝した小番(宇都宮)=ハンターマウンテン塩原

成年男子Aで3連覇を飾った手塚(宇都宮)

成年女子Aで初優勝した小番(宇都宮)=ハンターマウンテン塩原 成年男子Aで3連覇を飾った手塚(宇都宮)

 第75回国体冬季大会スキー競技会県選手選考会は17日、那須塩原市のハンターマウンテン塩原でアルペンの大回転(1本)を行い、成年男子Aは手塚芳宗(てつかよしむね)(宇都宮、日大)が1分13秒06で3年連続3度目の優勝、成年女子Aは小番聖夏(こつがいせいか)(宇都宮)が1分17秒21で初優勝を飾った。

 成年男子Bは石田憲二郎(いしだけんじろう)(同)が1分19秒30、同Cは三井田雄太(みいたゆうた)(佐野)が1分15秒34でそれぞれ制した。少年男子は中島賢伸(なかじまけんしん)(足大付高)が1分15秒95、少年女子は横尾彩乃(よこおあやの)(同)が1分17秒50で、ともに回転・大回転の2冠に輝いた県高校総体に続いて栄冠を手にした。

 各部門の上位入賞者は、2月16日から富山県で開催される本大会の出場候補選手に選ばれた。