樹齢500年の金剛桜満開 日光山輪王寺

樹齢500年の金剛桜満開 日光山輪王寺

 【日光】推定樹齢約500年といわれる日光山輪王寺の国天然記念物「金剛桜」が満開となり、山内の本堂「三仏堂」前を白い大輪の花で彩っている。

 オオシマザクラの影響を受けた交雑種と推定される貴重な古木。枝は放射状に伸び、香りが強い花と共に黄緑色の葉を付ける。輪王寺によると、例年は4月下旬に満開となるが、今年は10日以上早いという。

 参拝客たちは、手が届く位置まで張り出した枝に付いた優美な花に、うっとりと見入っていた。三仏堂の入り口にあるため、無料で見物できる。あと1週間ほどは楽しめるという。

 (問)輪王寺0288・54・0531。