栃木GBが巨人3軍に連勝 3−2、村田が代打逆転2ラン

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は12日、小山運動公園野球場で巨人(3軍)と対戦、九回に代打村田修一(むらたしゅういち)が移籍後初本塁打となる逆転2ランを放ち、3−2で勝利した。通算成績は7勝3分け8敗。今季2度目の連勝でリーグ順位は3位に浮上した

 1点を追う栃木GBは三回、8番ジョンが中越えソロ本塁打を放ち同点。その後は先発金本享祐(かねもときょうすけ)が7回2失点と好投。2番手前田大佳(まえだまさよし)も踏ん張った。

 1−2で迎えた九回表、死球で出した走者を二塁に置き、2死から村田が代打で登場。ファウルで粘った後の7球目を豪快なスイングで左中間スタンドに運んだ。守護神橋詰循(はしづめじゅん)がその裏を3人できっちりと締めくくった。

 次戦は13日午後1時から、同球場で巨人(3軍)と対戦する。