学生にエールを送る石塚さん=15日午後、宇都宮市竹下町

大嘗祭で使われたコメ「とちぎの星」で作ったおにぎりを振る舞う石塚さん=15日午後、宇都宮市竹下町

学生にエールを送る石塚さん=15日午後、宇都宮市竹下町 大嘗祭で使われたコメ「とちぎの星」で作ったおにぎりを振る舞う石塚さん=15日午後、宇都宮市竹下町

 皇位継承に伴う重要祭祀(さいし)「大嘗祭(だいじょうさい)」で使われたコメ「とちぎの星」を生産し、大田主(おおたぬし)を務めた高根沢町大谷、農業石塚毅男(いしつかたけお)さん(55)が15日、宇都宮市竹下町の作新学院大で「農業一筋35年」と題して講演した。学生約40人に、自立と社会参加の意義を伝えた。