作新と佐野日大が関東出場決める 決勝は15日 春季栃木県高校軟式野球

 第66回春季県高校軟式野球大会兼関東大会県予選は10日、鹿沼市のキョクトウベリースタジアム野球場(鹿沼運動公園野球場)で準決勝2試合を行い、作新と佐野日大が決勝進出を決めた。

 文星付と対戦した作新は、2点を追う四回に反撃を開始。4本の長単打を含む打者9人の猛攻で5点を奪い逆転に成功。守っては2番手で登板した星興楠(ほしこうなん)が7回を無失点と好投し、逃げ切った。白鴎足利と対戦した佐野日大は長短7安打で小刻みに得点を点を重ね、白幡壮一朗(しらはたそういちろう)が1失点完投した。

 決勝は15日午前10時から、同会場で行われる。作新と佐野日大は24日から茨城県で行われる関東大会に出場する。