感謝状を受け取った田村さん(左)と岩渕さん

 【日光】木和田島のオータニフードオアシス大沢店で特殊詐欺被害を未然に防いだとして今市署は15日、店長の田村正之(たむらまさゆき)さん(47)とパートの岩渕円香(いわぶちまどか)さん(27)に感謝状を贈った。スーパーでの特殊詐欺被害の防止は珍しいという。

 岩渕さんは12月17日午後、60代男性が携帯電話を使いながら現金自動預払機(ATM)を長時間操作しているのに違和感を覚え、田村さんに相談。男性に事情を聴くと「医療費が戻る」などと答えたことから詐欺を疑い、同署などに通報した。

 感謝状を受け取り2人は「日頃からATMの方を気にするようにしている。被害を防げてよかった」と話した。

 昨年11月、同署管内の特殊詐欺被害は4件で、このうち3件がスーパーのATMでの振り込みだった。従業員の目が届きづらく、被害を防ぎにくいという。同署の野中誠(のなかまこと)生活安全課長は「被害を防ぐには従業員の方々の協力が必要。今回は非常にありがたかった」と話した。