「キックオフイベント」に臨む石坂市長(左から4人目)や井上咲楽さん(同3人目)=15日午後、JR東京駅地下1階

 3月14、15日に真岡市内で開催される初の「全国いちごサミットinもおか2020」の開幕をPRするキックオフイベントが15日、JR東京駅地下1階の「動輪の広場」で開かれ、同実行委員会会長の石坂真一(いしざかしんいち)市長ら関係者が開催記念のくす玉を割り都民らに来場を呼び掛けた。

Web写真館に別カットの写真

 1月15日の「いちご王国・栃木の日」に合わせ都心でサミットを周知しようと実行委が企画。石坂市長は「真岡は質、量ともに日本一のイチゴの生産地。『見て、食べて、楽しいサミット』にぜひ来ていただきたい」とあいさつし、2カ月後に迫った本番に向けイチゴ形のくす玉を割って盛り上げた。

 益子町出身のタレント井上咲楽(いのうえさくら)さんや「いちごチアリーダー」の3人も駆け付け「サミットが近づきわくわくしている」などと笑顔で語り、イベントに花を添えた。