オーストリア選手が事前キャンプ トライアスロン世界大会に向け 那須塩原市

オーストリア選手が事前キャンプ トライアスロン世界大会に向け 那須塩原市

 【那須塩原】2020年東京五輪・パラリンピックの事前キャンプ誘致で、市と相互協力協定を締結しているオーストリアトライアスロン連合の選手、コーチら6人が9日来市し、大原間小4、5、6年生約300人と交流を深めた。選手たちは12日に横浜市で開かれる世界大会の事前キャンプを行うために訪れ、交流後は市内のトレーニング施設で汗を流した。

 市は昨年7月、オーストリアを相手国とした東京五輪・パラリンピックのホストタウンに登録され、同年9月、オーストリア五輪委員会、同国トライアスロン連合と事前キャンプ実施に関する協定を締結。キャンプ誘致が事実上決定している。

 今回訪れたのは、12日開催の「世界トライアスロンシリーズ」に出場する男子2選手、女子3選手、コーチの計6人。2泊3日の日程で9日未明に市内に到着し、同日午前に児童と交流した。

 児童たちから「なぜトライアスロンをしているの」「どんな気持ちで競技に臨んでいるか」などと質問攻めに遭った選手たちは「三つの種目ができ、飽きず楽しい」などと回答した。