小学校の事務職員、着服で懲戒免職 高根沢の小学校で271万円

 県教委は8日、教材費などが振り込まれた学校の口座などから計約271万円を着服したとして、高根沢町内の小学校事務職員の男(32)を同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。全額が返金されたとして、刑事告発しないという。監督責任を怠ったとして、当時の前校長(58)を減給10分の1(5カ月)の懲戒処分とした。

 県教委によると、男は2017年5月~18年3月、保護者から教材費や修学旅行費などが振り込まれた代表口座から別口座への資金移動を装い、約10回に渡り不正な引き出しをして着服した。男は「カードローンの返済や生活費などに充てた」と話しているという。

 3月27日、業者から教材費未納の連絡を受けた教頭が、金銭の管理を行っていた男に確認したところ着服を認めた。